浜松地域支部

ご挨拶

拝 啓

 

いつの間にか涼しさを感じる季節となりました。

9月には市内でも大雨による被害が出ましたが、校友の皆様の地域ではいかがだったでしょうか?被害にあわれた校友におかれましては、一日も早い復旧をお祈りいたします。

さて、校友会では4月の地域支部総会の開催を始めとして、県支部総会、全国校友会滋賀大会へと参加をしてまいりました。

この間、静岡草薙グランドでの母校明治大学対帝京大学のラグビー観戦や遠州稲門会(早大OB)総会へ出席をいたしました。

現在は、年末に予定のラグビー明早戦観戦や忘年会の準備に入っております。

また既にご案内のとおり、来年612日には当浜松において静岡県支部総会を開催いたします。地域支部総会と併せて開催予定であり、その際には、是非とも多くの校友のご参加をお願いいたします。

年度代わりの頃に、皆様に詳細をご案内できるものと思います。

季節の変わり目でもあり、お体ご自愛のほど祈念いたします。

 

敬 具

平成27年10月吉日

新年おめでとうございます!。
会員の皆様におかれましてはお健やかな新年を迎えられたこととお喜び申し上げます。
皆様には常日頃から校友会活動に絶大なるご理解、ご協力をいただき誠にありがとうございます。また、昨年4月の総会において前地域支部長からバトンタッチを受け、早くも9か月が経過いたしましたが、この間の活動につきましても多々ご協力をいただき活動を盛り上げていただきました。ありがとうございました。
以下、昨年の活動状況概要と新年の予定等ご報告させていただきます。
・4月14日(土)コンコルド浜松にて第62回総会を開催(役員改選)
会員110名の出席とゲストとして遠州稲門会(早稲田大学OB会)6名出席
校友の宮本武彦氏(前浜松市副市長)を講師に『お節介のススメ』を聴講
 昭和33年卒の9名に記念品を贈り喜寿を祝いました。
・9月9日(日)静岡グランシップにおける第48回全国校友静岡大会へ浜松地域支部から64名が参加、参加者総数1300名と大盛況でした。
 校友の元内閣総理大臣村山富市氏、校友会長向殿政男氏、理事長日高憲三氏、学長福宮賢一氏の他、川勝平太静岡県知事、田辺信宏静岡市長が列席
・12月2日(日)国立競技場にて開催された大学ラグビー明早戦へ25名観戦、ロスタイムでのトライ、そして優勝と劇的な場面に立ち会いました。
・12月6日(木)コンコルド浜松にて忘年会開催45名が参加、1年間を振り返り和やかな時間を過ごしました。
・校友の祝い事として8月26日元市議会議長遠藤隆久氏の叙勲祝(旭日小綬章)、9月19日(水)小楠和男県議会議長の就任祝に多数の校友がお祝いに駆けつけました。
・幹事会としての活動は毎月の定例会、臨時会と県役員会へ5回出席しました。
新年につきましては、これから計画を立ててまいりますが、現在確定しているものとして①4月13日(土)グランドホテル浜松にて浜松地域支部総会②9月7日(土)富士市にて静岡県支部総会③10月5日(土)大分市にて全国校友大分大会があります。
本年もより多くの会員の皆様にご参加いただけるよう活動を充実させてまいりますので、これまでに変わらずご理解、ご協力の程お願い申し上げま暑中お見舞い申し上げます。浜松地域支部会員の皆様へ
 地域支部長挨拶

 

2012-10-24 20.10.32

        2022年8月17日 明治大学校友会浜松地域支部 支部長 鈴木保博   浜松地域支部2022年度活動経過と年会費納入のお願い   拝啓 3年ぶりに行動制限のない夏を迎え各地で花火大会や夏祭りなどで賑わう一方で、感染力の強いBa5に置き換わった新型コロナウイルスの新規感染者は過去最多を更新し続け医療現場が逼迫しています。加えて熱中症アラートが連日発せられて心身ともに厳しい日が続いていますが、校友の皆様にはいかがお過ごしでしょうか。 校友の皆様には日頃より校友会活動にご理解、ご協力いだだき、誠にありがとうございます。   3年近くになる新型コロナウイルスとの闘いで一人一人が知恵をつけて来たとは言うものの感染拡大の波が来る度に一喜一憂しているのが実情ではないでしょうか。未だ収束しない新型コロナウイルスの感染の影響で校友会活動も引き続き影響を受けています。そんな中ではありますが、形式を変えた活動や、アフターコロナに向けて少しづつ準備をしているのも事実です。その一端をご紹介します。   4月9日(土)に3年振りとなる浜松地域支部総会を対面形式で開催しました。ホテル側のコロナ対策をベースに小人数と衝立による間仕切りで間隔確保、料理の個人ごと提供、アルコールの注ぎ廻り自粛、校歌静聴など従来と形を変えて実施しました。参加者は例年の半数程でしたが、とにかく会えて嬉しいという声が随所で聞かれました。   5月29日(日)に関東大学ラグビー春季リーグがエコパスタジアムで昨年に引き続きVS帝京大学で行われ、後半終了間際の怒涛の攻めで35-26で昨年の同リーグ及び今年の大学選手権決勝の雪辱を果たしました。ラグビー部支援の一環として購入したチケットで6名の方に応援に行っていただきました。   6月4日(土)に いなさゴルフ倶楽部にて第36回大学OB対抗ゴルフ大会がゴルフ場の感染対策の下、各校2名、表彰式も飲食なしで開催されました。   6月11日(土)に第66回静岡県支部総会清水大会が昨年の静岡大会に続き対面形式で総会、記念公開講演会(静岡市出身、政経学部教授・海野素央氏「バイデン政権の現状と行方」)の次第で開催されました。役員改選で静岡地域支部長の杉山孝俊さんが新支部長に選任されました。懇親会は残念ながら昨年に続き中止となりました。来年は志太榛原の地でフルスペックでの大会を期待したいものです。   7月31日(日)に駿河台キャンパスのアカデミーホールで3年ぶりとなる対面形式での定時代議員総会が開催されました。行動制限がない中ではありましたが、新型コロナウイルス感染拡大が続く第7波の最中、マスク着用、間隔確保、消毒、校歌静聴等の感染対策を取って執り行われました。多くの学生から選ばれる大学であり続けるために、大学では「MEIJI VISION 150-前へ-」を策定し、10年後のあるべき姿をビジョンとして位置付けるとともに具体化に向けてその方針を定めました。「『明治はひとつ』のスローガンの下、校友会や父母会など大学を支えるステークホルダーとの連携により、「同心協力」する関係性を強化する」として校友会との連携強化が明確に打ち出されました。北野大校友会長も「明治はひとつ」の精神を継承し、母校の発展に寄与することを宣言しています。加えて新たな情報をご案内します。校友間の交流促進および校友が経営する飲食店の応援を目的とした新たなWEBサイト「紫紺ナビ-明大校友のお店マップ-」が作成、公開されました。将来的には宿泊施設や各種サービスなどにも拡大していく予定です。出張、旅行の折にはぜひ活用してみて下さい。https://www.meiji-koyu.com/   9月4日(日)に予定されていた全国校友岡山大会は大学の大きなブランドを高める機会でもありますが、一方ではお祝い事、交流の場として喜ばれる環境の中での開催は困難との岡山県支部の苦渋の決断により、一昨年の香川、昨年の福島に続き中止となりました。尚、来年以降の開催地は2023年度愛知県、2024年度香川県、2025年度福井県、2026年度徳島県、2027年度群馬県で承認されました。   さて、未だ収束の兆しが見えないコロナ禍の大変な折、大変恐縮ですが、浜松地域支部2022年度の年会費3,000円の納入をお願いしたいと存じます。活動らしい活動が思うように出来ない中、学生支援、上部組織への会費納入、構成団体への助成、慶弔費など固定的な費用もあることや厳しい時だからこそ、「明治はひとつ」の心でお願いしたいと思います。誠に勝手ながら同封の払込取扱票にて9月末日までに納入いただければ幸いです。11月には会員名簿と新たに浜松地域支部の活動をかわら版的に紙面にしたものを皆様のお手元にお届け出来る予定です。   尚、会員名簿に記載を希望しない事項(住所、電話等)がございましたら、払込取扱票にその旨ご記載下さい。一方、支部内交流活性化の一助として勤務先、メールアドレス等を記載しても構わないという方は是非ご記載下さい。本年1月より料金受取人負担の払込取扱票であっても現金払いの場合には払込人様に110円の加算料金が発生することになりました。通帳・カード利用の場合には従来通り加算料金は発生しませんので、ゆうちょ銀行に口座をお持ちの方はご利用いただきたいと思います。 コロナの一刻も早い終息と校友の皆様のご多幸を祈りつつ、お願い方々挨拶とさせていただきます。 敬具      

もっと読む


最新ニュース

ニュース

支部ブログ

意見箱

2010/06/29
 新しい意見募集

イベント

エントリーがありません

支部・地域支部更新情報