浜松地域支部

ご挨拶

拝 啓

 

いつの間にか涼しさを感じる季節となりました。

9月には市内でも大雨による被害が出ましたが、校友の皆様の地域ではいかがだったでしょうか?被害にあわれた校友におかれましては、一日も早い復旧をお祈りいたします。

さて、校友会では4月の地域支部総会の開催を始めとして、県支部総会、全国校友会滋賀大会へと参加をしてまいりました。

この間、静岡草薙グランドでの母校明治大学対帝京大学のラグビー観戦や遠州稲門会(早大OB)総会へ出席をいたしました。

現在は、年末に予定のラグビー明早戦観戦や忘年会の準備に入っております。

また既にご案内のとおり、来年612日には当浜松において静岡県支部総会を開催いたします。地域支部総会と併せて開催予定であり、その際には、是非とも多くの校友のご参加をお願いいたします。

年度代わりの頃に、皆様に詳細をご案内できるものと思います。

季節の変わり目でもあり、お体ご自愛のほど祈念いたします。

 

敬 具

平成27年10月吉日

新年おめでとうございます!。

会員の皆様におかれましてはお健やかな新年を迎えられたこととお喜び申し上げます。
皆様には常日頃から校友会活動に絶大なるご理解、ご協力をいただき誠にありがとうございます。また、昨年4月の総会において前地域支部長からバトンタッチを受け、早くも9か月が経過いたしましたが、この間の活動につきましても多々ご協力をいただき活動を盛り上げていただきました。ありがとうございました。
以下、昨年の活動状況概要と新年の予定等ご報告させていただきます。
・4月14日(土)コンコルド浜松にて第62回総会を開催(役員改選)
会員110名の出席とゲストとして遠州稲門会(早稲田大学OB会)6名出席
校友の宮本武彦氏(前浜松市副市長)を講師に『お節介のススメ』を聴講
 昭和33年卒の9名に記念品を贈り喜寿を祝いました。
・9月9日(日)静岡グランシップにおける第48回全国校友静岡大会へ浜松地域支部から64名が参加、参加者総数1300名と大盛況でした。
 校友の元内閣総理大臣村山富市氏、校友会長向殿政男氏、理事長日高憲三氏、学長福宮賢一氏の他、川勝平太静岡県知事、田辺信宏静岡市長が列席
・12月2日(日)国立競技場にて開催された大学ラグビー明早戦へ25名観戦、ロスタイムでのトライ、そして優勝と劇的な場面に立ち会いました。
・12月6日(木)コンコルド浜松にて忘年会開催45名が参加、1年間を振り返り和やかな時間を過ごしました。
・校友の祝い事として8月26日元市議会議長遠藤隆久氏の叙勲祝(旭日小綬章)、9月19日(水)小楠和男県議会議長の就任祝に多数の校友がお祝いに駆けつけました。
・幹事会としての活動は毎月の定例会、臨時会と県役員会へ5回出席しました。
新年につきましては、これから計画を立ててまいりますが、現在確定しているものとして①4月13日(土)グランドホテル浜松にて浜松地域支部総会②9月7日(土)富士市にて静岡県支部総会③10月5日(土)大分市にて全国校友大分大会があります。
本年もより多くの会員の皆様にご参加いただけるよう活動を充実させてまいりますので、これまでに変わらずご理解、ご協力の程お願い申し上げま暑中お見舞い申し上げます。浜松地域支部会員の皆様へ

 地域支部長挨拶

 

2012-10-24 20.10.32

 

 

 

 

令和4年11月吉日

明治大学校友会浜松地域支部 支部長 鈴木保博

 

令和4年度校友会活動の現状と今後、支部会員名簿の送付について

 

明治大学校友会浜松地域支部校友の皆様には日頃より校友会の諸活動にご参加、ご支援いただきまして誠にありがとうございます。新型コロナウイルス感染の第7波が下火になる中で始まった全国旅行支援や外国人旅行客の受け入れ緩和等により人の流れが活発になり、円安を始め、物価高で企業や家計が苦しむ中でも明るい兆しも見え始めています。そんな中、一部地域では感染者数が下げ止まりから上昇に転じているところもあり、引き続き警戒態勢が続き完全収束にはまだ時間がかかりそうです。

 

校友会活動も引き続き、制約を受けながらも手探り状況で進めています。前回、年会費納入の案内をお送りした際に報告させていただいた以降の活動の一端と今後の予定をお知らせさせていただきます。

 

10月12日(水) 志太榛原地域支部の主管で第86回静岡県支部ゴルフ大会が藤枝ゴルフクラブで開催されました。浜松地域支部から5名が参加し、優勝した鈴木康道さん(昭和40年経営学部卒)をはじめ3位に朝日康元さん(昭和58年商学部卒)、5位に天野勝博さん(平成6年政経学部卒)など大活躍でした。

 

校友の皆様も既にご存知だと思いますが、懸案であった競走部・サッカー部の合宿所が来春竣工の予定です。最近は施設の整った他校の合宿所を見学した有望な学生に逃げられているそうです。今後はこの懸念を払拭して欲しいものです。今回、建設振興資金として、静岡県支部から10万円、浜松地域支部から5万円を拠出させていただきました。競争部の目標は箱根駅伝総合優勝(・2022年以降、箱根駅伝ではシード権内を確保 ・5年以内には優勝を!その後優勝争いの常連校に!)サッカー部の目標は全日本大学サッカー選手権大会優勝(・大学サッカーでの頂点を目指す ・日本代表への選出)です。建設振興資金募集は個人でも来年3月31日まで行っていますので志のある校友の皆様は奮って応募していただければと思います。

 

日頃、浜松地域支部では支部役員がそれぞれ広報宣伝委員会、事業委員会、親睦委員会に所属して活動しています。今回、名簿と一緒に広報宣伝委員会で発行した支部通信を同封させていただきました。支部の活動はホームページに掲載してはおりますが、中々目に触れることも少ないと思いますので、アナログ的ではありますが活動の一端を紹介したり、北野大校友会会長が掲げる校友支援の一環として校友の会社、所属する団体等の紹介を進めて行きたいと思います。今後も校友の皆様に各種案内を送付するタイミングで発行してまいります。事業委員会では次回のマンドリン俱楽部公演会開催を中心に活動しています。親睦委員会では当面、忘年会、ラグビー・駅伝のパブリックビューイングを企画しています。案内書を同封しましたので、是非ご参加下さい。

 

続いてはお願いです。ホームページに広告協賛で応援していただいている校友関連企業様を年間1万円(4月~3月)で掲載しております。コロナの新規感染者数が減少して来ているとは言え、まだ収束した訳ではない中で大変厳しい環境だとは存じますが、会社、団体、個人等で協賛していただける方がありましたら、ご一報いただければ幸いです。昨年は新たに2社から協賛をいただきました。詳しくは浜松地域支部のホームページを御覧いただければと思います・

 

最後に、令和4年版の会員名簿が出来上がりましたので、明大スポーツ最新号、支部通信、ラグビー明早戦PV忘年会、箱根駅伝・ラグビー応援PV企画と共に同封しましたのでご覧ください。尚、会員名簿は個人情報を含みますので、取り扱いにはご留意下さい。